礼拝メッセージ「神の道」

礼拝メッセージ「神の道」

聖書箇所:使徒の働き18章18-28節

彼は会堂で大胆に話し始めた。それを聞いていたプリスキラとアクラは、彼を招き入れて、神の道をもっと正確に彼に説明した。使徒18章26節

使徒パウロはコリントに腰を据えて宣教を続けた後、再び旅立ちました。パウロはシリヤに向かい、途中ケンクレヤ、エペソ、カイザリヤ、エルサレムを経てホームチャーチのあるアンテオケに戻りました。

アンテオケにしばらく滞在した後、パウロは3回目の宣教旅行に出発します。パウロはガラテヤ地方やフルギヤを巡って、すべての弟子たちを力づけました。

その時、エペソに滞在していたアクラとプリスキラは、アポロという雄弁で熱心に伝道している人物に出会いました。アポロは主の道の教えを受け、霊に燃えて、イエスのことを正確に語り、また教えていました。けれども、アポロはヨハネのバプテスマしか知りませんでした。

そこでプリスキラとアクラは、アポロを招き入れて、神の道をもっと正確に説明しました。

伝道、すなわち神の道を伝えるためには、熱心さや純粋さだけではなく、聖書に基づく正確さが求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です