八ヶ岳主峰赤岳を目指して

八ヶ岳主峰赤岳を目指して

杉戸キリスト教会牧師 野町真理

今年の夏も、本当は妻と一緒に山登りがしたかったが、妻が怪我をして松葉杖だったのでそれは無理。それで一日だけ、妻に家でおとなしくしてもらい、妻にはきつい登山計画を一人で実行することにした。

日曜日の間に、つまり午前0時になる前に高速に乗れば、高速代1300円で行けること。
午後の雷雨や霧を避けるため、朝早くから登頂を始め、午後の早い時間に山を降りること。

この2点を考え、日曜の午後9時すぎに夕拝を終えた後、妻のために留守中簡単に食べれるものを買いに走り、ガソリンを満タンにし、そして川越ICを目指した。さすがにこの時間だと16号もすいている。

無事に日付が変わる前に高速に乗り、圏央道から中央道へと抜けていく。須玉ICで高速を降り、清里方面に車を走らせる。清里駅周辺の街明かりを後にしてしばらく走ると、野ウサギが車の前を横切った。

美し森駐車場に無事到着したのは午前2時だった。エンジンを止めて外に出る。うわー!すごい!!!天を見上げると、まさに数え切れないほどの星たちが、静かに瞬いていた。「さあ天を見上げなさい。星を数えることができるなら、それを数えなさい。・・・あなたの子孫はこのようになる。」(創世記15章5節)の御言葉を覚えつつ、祈りをささげる。しかし5分も外にいるとかなり冷えてきてしまう。星空の写真を撮ろうとしたが、三脚がないのであきらめた。車の中で仮眠をする。

午前4時に荷物を抱えて車を後にする。舗装された道路を30分ほど歩くと登山口。そこから県界尾根を目指して歩き始める。途中夜明けとなり、遠くに雄大な八ヶ岳連峰が姿を現した。

県界尾根は長野県と山梨県の県境に位置する尾根。小天狗から大天狗、そして赤岳山頂を目指す。八ヶ岳は小屋ヶ岳とも言われるほど、山小屋が多い。しかし東側からの赤岳登山ルートには山頂付近にたどりつくまで山小屋が一つもない。駐車場から考えると約5時間の登りとなる。だから水分を2リットルほどリックサックに入れて来た(ポカリスエットとカインズでまとめ買いした緑茶)。食料はカロリーメイト、クリームパン、そしてメロンパン。

大天狗を越えたあたりからは鎖や梯子が用意されている急峻な登りになるので、軍手も用意している。クマ鈴の代わりに、iPhoneをスピーカーで鳴らす。クリス・トムリンのアルバム、Hello Loveを繰り返し聴きながら賛美する。

大門沢に沿って1時間ほど歩くと、いよいよ小天狗を目指しての急な登りとなる。そこから小天狗までは約1時間、小天狗から大天狗までが約1時間30分、大天狗から山頂までが2時間弱となる予定。途中で朝日を背に迎えた後は、Power Filmの折りたたみ太陽電池パネルをリックの上に広げ、iPhoneを充電しながら音楽を聴く。

山登りにおいては、一歩前に歩き出さないかぎり、目指す山頂にたどりつくことはできない。人生においても、とにかく一歩前に歩き出さなければ、目指す所にたどりつくことはできない。

山登りにおいて、苦しさの裏側にあるのは、尾根や山頂にたどり着いた時に味わうことのできるすばらしい景色と喜び、そして達成感。人生において、苦しさの裏側にあるのは、目指す所にたどり着いた時に味わうことのできる歓喜。そして、十字架の苦しさの裏側、死の向こう岸にあるのは、復活のいのちと永遠の喜び。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です