礼拝メッセージ「約束を果たす神」

礼拝メッセージ「約束を果たす神」

聖書箇所:創世記21章1ー34節

主は約束されたとおり、サラを顧みて、仰せられたとおりに主はサラになさった。サラはみごもり、そして神がアブラハムに言われたその時期に、年老いたアブラハムに男の子を産んだ。創世記21:1-2

閉塞感という名の不信仰を突き破る神の真実。それを聖書は、時空を超えて私たちに語り続けています。アブラハムは不信仰によって、何度も取り返しのつかないようなことをしました。けれどもアブラハムを選んだ主なる神は、決してアブラハムを見捨てず、真実と忍耐をもって、アブラハムを養育されました。

そして25年という長い歳月の末、アブラハムが100歳、サラが90歳の時、遂に約束の子イサクが与えられます。実にアブラハムの神は、不信仰な冷笑を笑い飛ばし、感謝と喜びに満ちた暖かい笑いに変えることのできる全能の神であられます。

不信仰を突き破って約束を果たされる全能の主を知ったアブラハムは、後に「ひとり子イサクを全焼のいけにえとしてささげよ」と主に命じられた時、神には人を死者の中からよみがえらせることもできると考え、死からイサクを取り戻します(へブル11:17-19参照)。

実にアブラハムは、神の真実によって、十字架信仰と復活信仰をもって全能の神を仰ぐ信仰の父へと変えられていくのです。

iTunesのようなポッドキャストの受信ソフトにこのバナーをドラッグ&ドロップすることで、番組を登録できます。詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です