礼拝メッセージ「偽証してはならない」

礼拝メッセージ「偽証してはならない」

聖書箇所:出エジプト記20章1-17節

あなたの隣人に対し、偽りの証言をしてはならない。出エジプト記20章16節

この国の2007年を象徴する漢字として選ばれたのは、「偽」でした。これまでの「偽」を水に流し、これからも「偽」に生き続けるなら、そのうちに「滅」とか「亡」という漢字が選ばれる年を迎えることになるでしょう。

聖書の中には「アーメン」という言葉が使われています。その意味は、「偽」ではなくて「真」です。
聖書の神は、アーメンなる神、うそ偽りのない真実な神、約束したことを必ず果たしてくださる神です。

アーメンなる神は、「偽」なる者を「愛」し、「愛」をもって「真」を語られます。ですから、もし私たちが自分の「偽」を素直に認め、神の前に「罪」を言い表し、赦しを求めるなら、神はすべての悪から私たちをきよめてくださるという約束があります。

『しかし、もし神が光の中におられるように、私たちも光の中を歩んでいるなら、私たちは互いに交わりを保ち、御子イエスの血はすべての罪から私たちをきよめます。もし、罪はないと言うなら、私たちは自分を欺いており、真理は私たちのうちにありません。もし、私たちが自分の罪を言い表わすなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます。』ヨハネの手紙第一1:7-9より

iTunesのようなポッドキャストの受信ソフトにこのバナーをドラッグ&ドロップすることで、番組を登録できます。詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です