礼拝メッセージ「真の自由」

礼拝メッセージ「真の自由」

聖書箇所:出エジプト記20章1ー17節

わたしは、あなたをエジプトの国、奴隷の家から連れ出した、あなたの神、主である。あなたには、わたしのほかに、ほかの神々があってはならない。出エジプト20章2-3節

イスラエルは、ただ主なる神のあわれみによって、自由へと解放されました。しかしイスラエルは、神に反逆し続け、ほかの神々と共に歩み続けました。その結果イスラエルは、再び奴隷となり、バビロンやアッシリアに捕囚として強制連行されました。

イスラエル民族は、すべての民族を代表しています。旧約聖書を読み、イスラエルの姿を見るということは、本当の自分を映し出す鏡の前に立たされるということです。イスラエルの歴史が中心的に記されている旧約聖書に、なぜ全世界の人々が真剣に耳を傾ける必要があるのか。その理由がここにあります。

仮に日本民族が神の民として選ばれていたとしても、イスラエルとまったく同じように、神の愛を裏切り続けたことでしょう。救い主として来られた主イエスを拒み、十字架につけて殺したことでしょう。日本の教会の歴史を見るなら、そのことを覚えることが出来ます。

日本の教会にも、真の神だけを神とすることをやめて、天皇と天照大神(太陽)を拝んだ歴史、そしてアジア諸国に神社参拝を強制した歴史があります。与えられた真の自由を失わないために、主イエスの十字架と復活による赦しの宣言をしっかりと聴き、赦された過去を心に刻みましょう。

iTunesのようなポッドキャストの受信ソフトにこのバナーをドラッグ&ドロップすることで、番組を登録できます。詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です