午後のバイブルスタディ2021-08-12

午後のバイブルスタディ2021-08-12

アメリカ(ミシガン州)で活躍されている宮本俊一先生・正子先生ご夫妻(北米邦人宣教会)を8月に再び杉戸にお迎えし、午後のバイブルスタディを行います。ときめきとユーモアに溢れたバイブルメッセージが聞けます。新型コロナウイルス感染症対策のため、マスクをしてお集いください。

日時:2021年8月12日(木)
  14時〜16時半 午後のバイブルスタディ

場所:杉戸キリスト教会  TEL:0480-34-3002
  (埼玉県北葛飾郡杉戸町清地1-1-30)

http://gospel.sakura.ne.jp/sugito/

国と力と栄えは、とこしえにあなたのもの

国と力と栄えは、とこしえにあなたのもの

杉戸キリスト教会地図2016

永遠のいのちに至る食べ物

永遠のいのちに至る食べ物

杉戸キリスト教会地図2016

永遠の報い

永遠の報い

杉戸キリスト教会地図2016

樋口了一 手紙~親愛なる子供たちへ~

9月28日の礼拝式の中で紹介した歌です。

礼拝メッセージ「苦しみの意味」ローマ18

礼拝メッセージ「苦しみの意味」ローマ18(クリックで聴けます)

聖書箇所:ローマ人への手紙8章18ー25節

18 今の時のいろいろの苦しみは、将来私たちに
 啓示されようとしている栄光に比べれば、
  取るに足りないものと私は考えます。
19 被造物も、切実な思いで神の子どもたちの現れを
  待ち望んでいるのです。
20 それは、被造物が虚無に服したのが自分の意志ではなく、
 服従させた方によるのであって、望みがあるからです。
21 被造物自体も、滅びの束縛から解放され、
  神の子どもたちの栄光の自由の中に入れられます。
22 私たちは、被造物全体が今に至るまで、
  ともにうめきともに産みの苦しみをしていることを知っています。
23 そればかりでなく、御霊の初穂をいただいている私たち自身も、
  心の中でうめきながら、子にしていただくこと、
  すなわち、私たちのからだの贖われることを待ち望んでいます。
24 私たちは、この望みによって救われているのです。
  目に見える望みは、望みではありません。
  だれでも目で見ていることを、どうしてさらに望むでしょう。
25 もしまだ見ていないものを望んでいるのなら、
  私たちは、忍耐をもって熱心に待ちます。
  ローマ人への手紙8章18-25節

パウロは福音信仰の山頂で語ります。私たち人間だけでなく、神に造られた被造物全体、すなわち宇宙全体が苦しんでいる。今の時のいろいろな苦しみは、産みの苦しみである。苦しみがもたらすものに目を向けるなら、苦しみが取るに足らないものに見えてくる。苦しみがもたらすもの、それは、神の子どもとしての栄光と自由、私たちのからだの贖いである。

礼拝メッセージ「永遠の福音」

礼拝メッセージ「永遠の福音」(クリックで聴けます)

聖書箇所:ヨハネの黙示録14章1ー20節

また私は、もうひとりの御使いが中天を飛ぶのを見た。彼は、地上に住む人々、すなわち、あらゆる国民、部族、国語、民族に宣べ伝えるために、永遠の福音を携えていた。彼は大声で言った。「神を恐れ、神をあがめよ。神のさばきの時が来たからである。天と地と海と水の源を創造した方を拝め。」黙示録14章6-7節

「永遠などない」と言う人々がいます。確かに地上で目に映るものの儚さに、永遠を覚えることは難しいでしょう。葉は落ち、花は散るのですから。

けれども天を見上げて、宇宙の彼方を見つめると、小さなことで悩んでいるちっぽけな自分の存在とともに、そんな自分を心に留め、顧みてくださる永遠の福音を覚えることができます。

『あなたは幼子と乳飲み子たちの口によって、力を打ち建てられました。それは、あなたに敵対する者のため、敵と復讐する者とをしずめるためでした。あなたの指のわざである天を見、あなたが整えられた月や星を見ますのに、人とは、何者なのでしょう。あなたがこれを心に留められるとは。人の子とは、何者なのでしょう。あなたがこれを顧みられるとは。あなたは、人を、神よりいくらか劣るものとし、これに栄光と誉れの冠をかぶらせました。あなたの御手の多くのわざを人に治めさせ、万物を彼の足の下に置かれました。詩篇8篇2-6節』

永遠の福音、イエス・キリストは、あなたの上に、そしてあなたの一番近くに、いつもおられます。