心配から解放される秘訣

心配から解放される秘訣

礼拝メッセージ「召されたときのままで」

礼拝メッセージ「召されたときのままで」(クリックで聴けます)

聖書箇所:1コリント7章1−16節

2013年10月27日に杉戸キリスト教会にて

メッセンジャー:野町真理(のまちしんり) 杉戸キリスト教会牧師

主題:召されたときのままで歩む(互いに愛し合う)べき理由は、
神がそのままで私たちを召し、救い、受け入れてくださっているから。

ただ、おのおのが、主からいただいた分に応じ、
また神がおのおのをお召しになった(救われた)
ときのままの状態で歩むべきです。
私は、すべての教会で、このように指導しています。
1コリント7章17節

パウロはすべての教会において適用されるべき原則として、
7章17節の内容を教えている。
独身か結婚か離婚か?割礼か無割礼か?奴隷か自由人か?
この原則は、それぞれの立場、状態に置かれている私たちそれぞれに適用できる。
救われた後、神に喜ばれるために、今の状態、現状を無理やり変える必要はない。
召されたときのままで歩むべき。置かれた場所で花を咲かせるべき。
なぜなら、神はそのままで私たちを召し、救い、受け入れてくださっているから。
今置かれている場所・状況・状態は、みこころの場所。
計り知れない深い神のご計画の中にあって、主が共におられ、主が植えられた場所。

プロフェッショナル

プロフェッショナル

ヨハネ福音書による主イエスの自己紹介

杉戸キリスト教会地図

礼拝メッセージ「仕事バイブル」

礼拝メッセージ「仕事バイブル」(クリックで聴けます)

聖書箇所:出エジプト記2章23ー25節

23 それから何年もたって、エジプトの王は死んだ。イスラエル人は労役にうめき、わめいた。彼らの労役の叫びは神に届いた。24 神は彼らの嘆きを聞かれ、アブラハム、イサク、ヤコブとの契約を思い起こされた。25 神はイスラエル人をご覧になった。神はみこころを留められた。 出エジプト記2章23−25節