古利根の流れのほとりに植えられて

「古利根の流れのほとりに植えられて」

 野町真理(のまちしんり) 杉戸キリスト教会牧師

杉戸キリスト教会は、日光街道沿いの埼玉県北葛飾郡杉戸町清地にあります。東武スカイツリーラインの東武動物公園駅東口から徒歩10分程です。東に向かって江戸川を渡ると千葉、さらに利根川を渡ると茨城になります。西に向かって古利根川を渡ると宮代町、日本工業大学があります。南に向かうと春日部で、北千住までは30分ほど。北に向かうと幸手、圏央道幸手ICから10分弱で教会に来れます。

板東太郎と呼ばれる利根川のおかげで関東平野ができ、晴れた日には筑波山や富士山が見えます。徳川幕府は江戸が水浸しにならないように東京湾に注いでいた利根川河口を銚子に移しました。杉戸キリスト教会前の旧日光街道が、かつての利根川土手だったそうです。

杉戸キリスト教会は、埼玉県で2番目に開拓された教会です。内村鑑三師の「聖書の研究」には、「埼玉県杉戸町清地会堂にて講演」とあります。しかし戦後、教会の歩みは風前の灯火でした。そのような時、辻浦定俊・みつ子牧師夫妻がこの地に遣わされ、涙の祈りと献身によって教会は再建されました。1954年から1996年まで杉戸愛児園をしていました。卒園児童数は2871名です。

辻浦牧師夫妻の後は高氏博史・純子牧師夫妻が労され、2007年春に野町真理牧師が就任しました。古利根の流れのほとりに植えられた杉戸キリスト教会は、いつの時代にも変わらない聖書から、いつまでも残るものを学び続けています。これからの歴史はあなたと共に。

杉戸キリスト教会清地チャペル

礼拝メッセージ「いのちの水の川」

礼拝メッセージ「いのちの水の川」(クリックで聴けます)

聖書箇所:ヨハネの黙示録22章1ー7節

御使いはまた、私に水晶のように光るいのちの水の川を見せた。それは神と小羊との御座から出て、都の大通りの中央を流れていた。川の両岸には、いのちの木があって、十二種の実がなり、毎月、実ができた。また、その木の葉は諸国の民をいやした。黙示録22章1-2節

昨年5月末から一緒に耳を傾け始めた黙示録も、いよいよ最後の章になりました(メッセージは教会のホームページにて配信しています)。聖書最後の章でもあるこの大切な章を、3回に分けて味わいましょう。まず今日は「いのちの水の川」のビジョンです。

いのちを育む川が豊かに流れ、いのちの木が中央にあったエデンの園(喜びの園)から追放され、その後続く長くて曲がりくねった旅路は、新しい天と新しい地、聖なる都エルサレムにて終わりを迎えます。

そこには、水面が水晶のようにキラキラ光るいのちの水の川があります。いのちの水の川は、神と小羊との御座から出て、都の大通りの中央をゆったりと流れています。

川の両岸にはいのちの木があり、12種の実がなり、毎月実を実らせます。そしていのちの木の葉は、諸国の民をいやす効用があります。

そこに至る旅路において、あまりにも悲しみや苦しみが多いので、神はいやしをもたらすいのちの木と、それを育むいのちの水の川を備えていてくださるのでした。そこはエデンの園よりも素晴らしい所です。