心のケア

Mon, 09 Jun 2014 21:57:06 JST (1232d)

DSCN3959.JPG
Purpose Driven Fellowship Japan
災害カウンセリング・セミナー
「災害に襲われたときいかに人々に寄り添えるか」
“How you can help others when disaster strikes”
■ DVD2枚組 1,500円(送料込)
■ お問い合わせ:長崎バプテスト教会 (095-826-6935)

約160名程の参加者が与えられました。
昼食時には、各種団体からボランティア活動についての情報交換の時がもたれました。

特集「仕えること」を問い直す3
 『「仕えること」を問い直す』をテーマに2回の特集を組んできましたが、3回目の今回は、ちょうど東日本大震災に見舞われました。そのただ中で、まさに牧会が、説教が、「仕えること」が問われたと言えるでしょう。夏号では急きょ、「大震災の中で仕える教会となる」ことにフォーカスを当てました。
目次
●キリスト教と日本との第4の出会い(藤原淳賀)
●大震災と説教者(藤原導夫)
●被災地から離れて住む人のメンタルヘルス(藤掛明・小平恵)
●聖書に学ぶ/たとい地は変わっても(具志堅聖)
●【連載】牧師とは何者か、何をする人か(14)(坂野慧吉)
●Pastor's Bookshelf/もう少し正義について話そう(大塚寿郎)

クリスチャン臨床心理士らがフェイスブックに情報を集約
PDF版「心の相談室」事務局編『「心の相談室」チャプレン行動規範』(ver.1.3)をダウンロードできます。

心にストレスを抱えた子どもたちが少しでも早く、もとの生活に戻れるようになるためには、大人たちのサポートが必須です。
「被災後の子どものこころのケアの手引き」の冊子を配布しています。

東日本大震災の被災者のご家族に読んでいただくためのパンフレットが完成しました。PDFファイルをダウンロードできます。

 ビリー・グラハム伝道協会(BGEA)主催、JEA(日本福音同盟)援助協力委員会共催で4月19日に行われた「被災者の心のケア〜カウンセラー養成講座」の録音と資料がネット上で公開された。
 掲載期間は、2011年6月10日までです。


ルーテル学院大学は、特定非営利活動法人チャイルド・ファンド・ジャパンと協働して上記『被災後の子どものこころのケアの手引き』(監修・執筆 ルーテル学院大学臨床心理学科 谷井淳一 准教授、加藤純 教授)を発行しました。
コラム 被災時にできる 子どものこころのケア
支援者と保護者の子どもの支援に関わる情報提供
東北地方太平洋沖地震の被災者向けの応援メッセージを公開中。
大月書店のHPで『世界はどうなっちゃうの?〜こわいニュースにおびえたとき』(心をケアする絵本5)が公開されています。
この本は、9.11後、テレビのニュースを見ておびえる子どもが増えたので、アメリカ心理学協会がつくった絵本です。
兵庫県立大学看護学研究科のサイト。
被災地で過ごす皆様、被災地を支援する皆様、被災者ケアする方法を掲載しています。
聖学院大学総合研究所に勤務する藤掛明先生のブログに被災者の心のケアについての情報があります。3月16日 地震のその後をご覧下さい。