支援リポート

Sat, 02 Apr 2011 13:09:02 JST (2220d)

28日から仙台に派遣しましたボランティア9名(1名は現地で活動を継続)は31日午後9時半に無事帰ってきました。第2回ボランティアの報告は、第2回ボランティアの報告をご覧下さい。

22日から仙台に派遣しましたボランティアは25日午後8時に無事帰ってきました。

3月22日〜31日の活動報告

 ここでは、ボランティアチームのK兄からのレポートです。

3/31 22:00:11 件名支援のバトンタッチ

3/31 南三陸町の集団避難発表ニュースを避難所の小学校体育館で聞いた後、最後の物資を配布する手伝いをして午後3時、10日間の私の活動は終わりました。仙台まで戻り駄目もとで名古屋行きの高速バスに電話すると残席2席とのことで即予約、夜9:30発に今飛び乗ったところです。帰ると決まった今日の朝、急に疲れがどっと出ました。しかし添付の画像は夕方、友人から届いたメールです。うれしくて今度は涙が出ました。私のフェイスブックを見てボランティアを名乗り出てくれたのです‼こうやって一人一人、支援のバトンを継ないで行きませんか?私のレポートはこれで終わりです、でも彼の旅は明日から始まり4/6までだそうです。ぜひ彼のために祈って下さい、そして誰かその次のバトンを引き継いでもらえませんか?飢餓対策機構はこれからもボランティア募集中です。これまでのお祈りありがとう、今度は私が祈らせてもらいます。ーおわりー

3/30 22:09:46 件名:きっと春が来ます

16支援物資.jpg
3/30は名古屋からの第二便が仙台から南三陸まで日帰りで物資の搬送とボランティア活動に来ました。友人の一人が残ってくれたので総勢7名で今日も避難所泊りです。避難所内ではインフルエンザが出たので急遽医務室にいた軽症患者を避難所である体育館に戻す、ついてはボランティアさんは教室に変わって下さいと夕方に決定。急いで案内された教室の時計は地震が起きた2:47を差したままでした。しかし支援物資に挟まれていた一枚の絵には感激。時は確かに動いています。そろそろ私も被災地には来て10日、次の人にに働きをバトンタッチする時が近づいて来ました。おっとまた強い余震です。お祈りをお願いします。

3/30 11:06:55 件名:復興の足音

18電柱立つ.jpg
3/29は終日、南三陸の志津川小学校避難所にて物資の管理をしました。避難所内で寝起きし何日かでも同じ場所にいるだけで、ものすごく多くの事を考えさせられます。津波で流された泥だらけの写真やアルバムが今日は避難所に並べられていました。3/30は合同慰霊祭です。集団避難を明日には決断しなくてはいけないのにどうしようと悩む人。この町が復興しても自分の仕事が必要になるには6年掛かると話してくれた大工のご主人。支援物資を受け取る側の手伝いとして被災者の方と一緒に降ろしたり。一番今日感動したのは南三陸の被災地には次々と電柱が立てられている姿をみた時です。まだ電線はありませんが避難所を目指してどんどん立てられています。かすかな復興の足音を聞いた気がしました。

03/29 06:09 件名:志津川小学校避難所にて

17食事.jpg
3/28南三陸のベイサイドアリーナ避難所からすぐ近くの志津川小学校避難所に夕方移動。今日から3名で避難所内で泊まらせてもらい物資の管理、食事の手伝い、片付けなど手伝うことになりました。通いでなく朝や夕方まで必要があれば手伝いができます。避難所の規模、様子、ニーズはそれぞれ全く違うしその時々で変わってゆきますからとても短い言葉では表せません。ここでは物資は比較的間に合っているようですがまだ水、電気、ガス全て止まったままです。日没後はテレビが発電機で一台ついている他はソーラーライトを使っています。写真は食事が余ったので私たちにも分けてもらった雑炊とみそ汁です。日没後は真っ暗です。mixiのサイトで知り合って来たという3名のボランティアの方とも一緒に体育館で寝ました。布団も借りられ暖かかったです。感謝。

3/28 06:03:17件名:雪の中でバケツリレー

15物資搬入.jpg
写真は3/26に初めて南三陸町のベイサイドアリーナ避難所でボランティアした物資搬入の様子です。あられのような雪が時々降る中、バケツリレーで運びました。今日3/28からは数日ベイサイドアリーナに3名で泊り込みの働きになります。イスラエルからも50名の医者達が南三陸に来ます。通訳など手伝える事があれば何でもしたいと思います。昨日は宿泊している仙台YWCAの近くにある仙台ホサナ教会で礼拝。礼拝堂は余震で落下などの被災があり得るので30名程が小さな集会室でぎゅう詰めになって礼拝しました。それでも明日から来るボランティアチームのため10名の宿泊を受け入れてくれました。感謝。また昨日は午後に温泉に連れて行ってくれる方がいて感謝。夜が冷えて寒かったのと6日ぶりの風呂で感激しました。また一週間が始まります。

3/27 06:40:59 件名:3/26南三陸町役場前で祈りました

14南三陸.jpg
仙台から3時間運転し南三陸へ。津波で17000人の人口の4割が死亡または不明。家屋は7割が消失。1300名以上が避難するベイサイドアリーナでボランティア登録をし、物資の搬入を手伝いました。10tトラックが3時間で3台も満載で届き50名程のボランティアと一緒にバケツリレーしました。写真は帰りに通った被災地のちょうど中央辺りに立つ町役場の跡です。寒いですが車から降りて5名のクリスチャン全員で祈りました。この町が再建しますように。教会がなかったこの町に教会が立つように。

3/26 07:09:58 件名:3/25は物資搬入と送出し

13物資搬入.jpg
3/25は一日倉庫で支援物資の受入と送出しをしました。山のように車に積んで東京から運転して駆けつけてくれた牧師や避難所に来れない方を訪問し物資を届けている仙台の教会の人たちがきたりと物資は一日でどんどん入りまた出てゆきます。3/26は南三陸に6名で入ります。役場機能が麻痺し大変苦労している職員の方や町の皆さんにボランティアを続けて送れますようにお祈り下さい。

3/25 06:16:25 件名:3/24 気仙沼へ海岸線を北上

09気仙沼.jpg
仙台から気仙沼へ3時間掛けて移動。途中自衛隊によって開通したばかりの国道45号沿いに海岸線を北上。気仙沼線と思われる線路が枕木と共にめくれ上がって続く様に津波の力の大きさを実感。初めて道路の左右にがれきの山が延々と続く景色に遭遇し言葉を失う。写真は国道45から少し入った気仙沼のキングスガーデン(老人ホーム)まで車なら1分ほどの道の様子。高台にある為施設は無事。食糧など緊急物資は届いており医療関係の物資が間もなく名古屋から届くと飢餓対策機構の清家さんより聞く。

3/24 6:45:24 件名:24日は気仙沼へ

6時起床で7時集積基地に出発。今日は気仙沼の先の小さな避難所(唐桑の中野公民館)に物資を届けかてから何人になるか分かりませんが避難者を気仙沼中心部へ送る手伝いをします。ガソリンは緊急車両なので機会あるごとに入れますが小雪が舞って寒いです。これから出かけますのでお祈りお願いします。

3/23朝 一箱に色々なものを詰めて送るのはNG。 

 14時間かかり仙台のクリスチャン物資集積基地に到着。休む間もなく3台の物資を全て降ろす。飢餓対策機構、海外のグットサマリタン、クラッシュジャパン、その他諸教会からのトラックがどんどんやってきていました。2時間ほど掛け下ろすと同時に仕訳するのが大変でした。やはり一箱に色々なものを詰めて送るのはNG。1時間ほど食事と仮眠、午後は明泉幼稚園が始まるのに合わせ明後日には変更になる宿泊基地YWCAの掃除をした。夕方にもう一度集積基地で明日、避難所に持ち込む物資を詰め込み、今夜と明日,宿泊場所に決まっている大韓基督教会へと向かった。教会のあるエリアは見たところ被災地とは思えないですがガソリン、コンビニはからの状態のようです。夜9時に宿舎(教会のキッチン横の部屋)に戻りある食材で鍋を作りました。大韓教会がキムチをくれましたからキムチ鍋。

2011年3月23日09:45am 件名:明泉学園に到着!

07明泉学園02.JPG
 お祈りを感謝します。14時間かかってついに到着しました。広く綺麗な建物に数多くの物資が積まれています。入口では何かの積込で20ー30人位の人が忙しく働いています。飢餓対策機構の清家さんとも会えました。これからが始まりです。

2011年3月23日09:16:54 件名:現在天候は晴れ、残り50Km位

 今、仙台入りました!

2011年3月23日8:33:28 件名:宮城県に入ります、明泉学園まで70km

最後の休憩をとっていよいよ宮城に入ります。緊急地震速報に皆さん起こされましたが 運転には支障なし、多くの方の祈りを実感して感謝!

2011年3月23日2:25:17 件名:東京通過!残り400km!

ワゴン車に乗り換え2人で交代運転、雨が降り出しましたが迷路のような首都高を抜け、いよいよ東北道へ。事前に警察で申請した通行証のおかげで高速は全て無料!ETCは使うべからず

2011年3月22日22:12:23 件名:バスの中はすごい状況

ドライバー席から後ろはこんな感じ。牧師のKさん、教会に行っている妹さんから頼ま れてきた元トラックドライバーのAさん(さすが運転上手!)、介護会社の社長Kさん(もう2度目の物資輸送)そして今回紅一点、18才のYさんの5人で仙台まで向かいます。あとまだ8時間、着くのは朝です。雪は無いようで感謝!

2011年3月22日19:30 件名:仙台へいよいよ出発!

ボランティア9名.jpg
 カレーを食べてみんなで祈り出発!ミニバス、バン、トラックの3台に9人が分乗。仙台のベースキャンプ明泉学園まで10時間のドライブです。ミニバスの後ろ半分は物資で一杯、アクセルベタで80k位、交代の運転が守られますように。